流通DX コーヒー生豆の新プラットフォーム 麻袋1袋単位で


流通デジタルトランスフォーメーションが変える、コーヒー豆の新しい取引。

世界初となるコーヒーのオンラインプラットフォーム「TYPICA」が6日、本格的にサービスをスタートした。

デジタル化が進み、携帯などからでも簡単にコーヒー豆を出品できる今、このプラットフォームを利用すれば、全国各地の焙煎業者「ロースター」は世界中の生産者からコーヒーの生豆を直接購入できるようになる。

TYPICAを利用してペルーから仕入れたコーヒーを味わってみると...。

今湊敬樹キャスター「べリーのような甘い香りがします。それではいただきます。酸味が若干ありますけれど、飲んだあと非常に軽やかです。飲みやすいです」

リーブスコーヒーロースターズ・石井康雄さん「今までは、生豆を買う時にクオリティーの高いコーヒーは有名なコーヒーロースターに行っちゃったりとか、ブランド力があるコーヒーロースターに行っちゃうのが基本だった。ティピカができてからは、ロースターも平等に良い豆が行き渡るようになった」

これまでの取引は、コンテナ1つ分、18トンが基本のため、中小規模のロースターが品質のいいコーヒー豆を仕入れることは簡単なことではなかった。

しかし、ティピカを利用すると、世界中の生産者から麻袋1つ分、60kgから購入することが可能になる。

また、直接取引するため、ロースターに届くまでの時間も短くなり、鮮度の高いコーヒーを提供することができる。

世界のコーヒー消費量は、年間に22億杯といわれているが、新型コロナウイルスにより在宅時間が増えたことで豆の販売量が増加し、さらに市場は拡大中。

ティピカ・後藤将代表取締役「エチオピアの多くで3G回線で普通にやりとりしている生産者もたくさんいる。今35億人以上がデバイスでつながっている。それが飛躍的に伸びているので、さまざまな業界でDXが起きている。その波がちょうど今、コーヒー生産者にもきている」

(FNNプライムオンライン4月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース