「不信任案は解散の大義に」 菅首相 総裁選前の可能性も


菅首相は6日、野党が内閣不信任決議案を提出した場合、当然、衆議院解散の大義になるとの認識を示した。

BS日テレの番組で菅首相は、野党が内閣不信任決議案を提出した場合に、衆議院解散の大義になるか問われ、「当然なる」と明言した。

野党をけん制する狙いがあるとみられる。

9月末に自民党総裁任期が満了になることをふまえ、菅首相は「総裁選挙の前に(衆院を)解散することも当然あり得る」とも述べた。

一方で、新型コロナウイルスの感染拡大防止を最優先する考えを重ねて示し、「国民が安心できる日常を取り戻すために全力でやる」と強調した。

(FNNプライムオンライン4月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース