聖火リレー三重に 対策しても...沿道で密 瀬古利彦さん登場


東京オリンピックの聖火は、愛知県から三重県に入った。

地元出身で、元マラソン選手の瀬古利彦さんが四日市市をスタートしたが、7日も沿道には、大勢の人が詰めかけた。

三重の第1走者 元マラソン選手・瀬古利彦さん「いよいよ、聖火が三重県にやってきました、みなさーん! おめでとうございまーす!」

出発式では、三重県の第1走者、元マラソン選手の瀬古利彦さんのトーチに聖火がともされた。

瀬古さんは、三重・桑名市出身。

7日も沿道には大勢の人が詰めかけたが、新型コロナ対策で、人との距離を保つよう、地面に足跡のマークが貼られたほか、声を出しての応援をしないよう呼びかけられていて、集まった人たちから拍手が送られていた。

三重県の聖火リレーは、7日と8日の2日間で42.12kmを走り、伊勢神宮や熊野古道などを巡る。

(FNNプライムオンライン4月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース