ナワリヌイ氏への面会求めた主治医ら拘束 収監中にハンスト ロシア

国際


ロシアで収監中の反体制派指導者・ナワリヌイ氏への面会を求めた主治医らが、警察に拘束された。

ロシアメディアによると、ナワリヌイ氏が収監されている刑務所前に6日、主治医ら15人が集まり、ナワリヌイ氏が十分な治療を受けられていないとして、面会を求めたが、9人が警察に拘束された。

地元警察によると、「社会秩序を乱した」ことが理由だという。

また、現場で取材をしていたアメリカCNNの記者1人も身柄を拘束された。

ナワリヌイ氏は、SNSで「医師は来ないし、薬ももらえない」と、医療支援や待遇改善を求めてハンガーストライキを行っている。

(FNNプライムオンライン4月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース