自民党男性議員が妊婦体験 7.3kgジャケット 2日間着用


自民党の若手男性議員3人が、8日から2日間、妊婦の暮らしを体験するため、重さ7.3kgのジャケットを着用して国会に登場。

自民党・小倉将信議員「重いだけじゃなくて、圧迫感が結構あります」

自民党・鈴木憲和議員「下も見えない。座るときも...なるほど」

妊娠7カ月に相当するという、重さ7.3kgのジャケットを着用した若手男性議員。

これは、自民党青年局の活動の一環で、妊婦の日常生活での苦労に理解を深めることを狙いとしている。

小倉議員「この2日間で、少しでも妊婦の経験が、わがごとになるようにしたい」

男性議員は、腹部の膨らんだジャケットを着用した状態で、派閥の会合に参加した。

自民党・竹下亘議員「妊娠の体験を男もしてみろということで。皆さんも、この姿を見て、いろいろ想像してください」

さらに男性議員は、ジャケット着用のまま国会に入り、同僚からおなかを触られていたが、服装の規定の厳しい議場での着用は控えた。

この取り組みは9日まで行い、政策に生かしたいという。

(FNNプライムオンライン4月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース