“忍者の里”で聖火リレー 「静かな出発式」も


東京オリンピックの聖火リレー、東海3県最後の日の8日は、三重・伊賀市の「伊賀上野城」をスタートした。

第1走者は、鳥羽市出身の演歌歌手・鳥羽一郎さん(68)。

気になる会場の人出は、これまでのような混雑は見られず、「静かな出発式」となった。

そして、伊賀市の最終走者は、渡邉未央さん(33)。

トーチキスをかわして、恒例のポージングは「手裏剣ポーズ」。

渡邉さんは、忍者ショーの実演をしている「阿修羅」のメンバー。

「令和のくノ一」が大役を果たした。

(FNNプライムオンライン4月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース