昼はカフェ 夜は酒場 「プロント」が新業態 20代30代の集客狙う

経済・ビジネス


カフェチェーンの「PRONTO」が生まれ変わる。

昼はおしゃれなカフェだが、午後5時をすぎると店先にはのれんがかけられ、ネオンがともり酒場へと変わる。

PRONTOが新しく始める、カフェと酒場2つの顔を持つ新たなスタイルの店舗。

メニューも大きく変更。

昼は季節のドリンクやパスタなどが楽しめる一方、夜は酒や「タコさんウインナー」などのつまみを提供する。

プロントコーポレーション・片山義一プロントカンパニー長「20代、30代があまり利用されていないとマーケティング上判明して、新しい、若い方に来ていただけるようにカフェを大きく新しくして、“酒場”は楽しく面白くつくりかえた」

今後は3年をめどに、およそ220店全店をこの業態に転換する予定。

(FNNプライムオンライン4月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース