「分科会から宣言等を提言」 尾身会長“政治的配慮せずに”


政府の分科会の尾身会長は、感染急拡大で緊急事態宣言など強い対策がとられない場合は、今後、分科会として宣言を出すべきなどの提言を行うとの考えを示した。

分科会・尾身会長「緊急事態宣言あるいは重点措置を発出すべき時期と判断したときには、われわれは専門家として、あまり政治的な配慮などをせずに、言うべき考えをちゃんと発表すべきだと」

また、分科会は、感染状況を判断するための6つの指標に、自宅やホテルで療養している人も含めて、どのくらいの人が入院できているかを示す「入院率」を新たに加えることを提言した。

(FNNプライムオンライン4月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース