傘使って安全運転呼びかけ 春の交通安全運動

社会


春の全国交通安全運動で、警視庁は傘を使ってドライバーに安全運転を呼びかけた。

東京・中野区の歩道橋からドライバーに見えるように広げられた傘には、シートベルトの着用を促すメッセージが書かれている。

一方、江東区では、2020年5月に死亡事故があった交差点で、バイクや自転車の利用者に反射材を配るなどして安全運転を呼びかけた。

(FNNプライムオンライン4月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース