ゴールデンウイークの新幹線予約 過去2番目の少なさ


新幹線のゴールデンウイークの予約は、2020年を上回ったものの、過去2番目の少なさ。

JR各社によると、4月28日から5月5日までのゴールデンウイーク期間の新幹線の予約数は55万席で、緊急事態宣言期間中だった2020年から253%と増加したが、2019年の19%で過去2番目の少なさ。

東海道新幹線は27万席の予約で、2020年から222%になっているが、2019年の17%。

また、東北新幹線などでは、2019年の23%となっている。

(FNNプライムオンライン4月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース