「まん延防止」適用拡大 神奈川・埼玉・千葉・愛知


「まん延防止等重点措置」の適用対象が、10都府県に広がった。

加藤官房長官「区域内のすべての飲食店の見回りを行うなど、期間・区域を限って、実効性のある対策を講じていく」

政府は16日午後、新型コロナウイルスの対策本部の会合を開き、神奈川・埼玉・千葉・愛知の4県への、まん延防止等重点措置の適用を正式決定した。

重点措置の対象地域は、神奈川県は、横浜市・川崎市・相模原市。

埼玉県は、さいたま市と川口市。

千葉県は、市川市・浦安市・船橋市・松戸市・柏市。

愛知県は、名古屋市。

期間は、4月20日から5月11日までで、対象地域では午後8時までの飲食店の時短や、イベントの開催制限などが要請される。

(FNNプライムオンライン4月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース