オリパラ選手に優先接種を提案へ 下村政調会長「自民党として」


東京オリンピック・パラリンピックに出場する日本人選手らへのワクチンの優先接種を党として提案すると表明した。

自民党・下村政調会長「5月中旬ぐらいまでに、ある程度うまくいっているのであれば、東京オリパラ関係者に接種すべきと、今政府は考えていないが、党としては提案したいと思っている」

自民党の下村政調会長は16日夜、東京大会に出場する日本人選手らが新型コロナウイルスのワクチンを優先的に接種できるよう、自民党として5月中旬までに政府に提案したいとの考えを示した。

選手によっては5月下旬には1回目の接種をする必要があるとの認識を示した。

(FNNプライムオンライン4月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース