「台湾海峡の平和」明記 初の日米首脳会談 共同文書

国際


アメリカを訪問中の菅首相は、日本時間17日未明、バイデン大統領と対面で初めての首脳会談を行った。

共同声明には、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調する内容が明記された。

現地から、菅首相に同行しているフジテレビ政治部・鹿嶋豪心記者が中継でお伝えする。

バイデン大統領との会談を終えた菅首相は「非常に懐の深い方だ」、「たたき上げという共通点もあり、これからもつきあいを続けていきたい」と述べた。

菅首相「同盟の重要性は、かつてなく高まっております。インド太平洋地域と世界全体の平和と繁栄に対して、中国が及ぼす影響について、真剣に議論を行いました」

先ほど出された共同声明で、日米両国は、新疆ウイグル自治区や香港の人権状況について、「深刻な懸念」を共有するとともに、中国との率直な対話の重要性にも言及した。

声明にはさらに、米中の間で緊張が高まる台湾情勢について、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調する」との文言が盛り込まれた。

日米首脳会談の文書に台湾情勢が盛り込まれるのは、1972年の日中国交正常化以降では初めて。

今後、中国の強い反発も予想される中、日米両国が声明に盛り込んだ中国との率直な対話と、安全保障上の懸念にどのような解決策を見いだしていくのか、日本の外交力が問われることになる。

(FNNプライムオンライン4月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース