内閣不信任案は「解散の大義」 菅首相が認識示す


アメリカを訪問中の菅首相は、17日午前、同行記者団と懇談し、内閣不信任決議案の提出は、衆議院の解散・総選挙の大義になるとの見方をあらためて示した。

菅首相は、野党が国会に内閣不信任決議案を提出した場合の対応について、「基本的に解散の大義になる」との認識をあらためて示した。

そのうえで、解散について、「コロナ対策をしっかりやることが大前提になる」とも述べた。

さらに、「国民の皆さんが一番関心が高いのはコロナで、早くかつてのような安心できる生活を取り戻すことを優先に考えて、わたし自身は活動している」と述べ、早期の解散に慎重な姿勢をにじませた。

(FNNプライムオンライン4月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース