東北を中心に荒れた天気に 激しい雨や暴風のおそれ


発達する低気圧の影響で、18日にかけて、東北を中心に荒れた天気に注意が必要となる。

17日は、紀伊半島付近にある低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、東海を中心に、局地的に激しい雨が降った。

夜に入ると、低気圧にともなう発達した雨雲が関東にかかり、1時間に30mm以上の激しい雨が降るところもあるとみられる。

18日の未明から朝にかけては、北日本の太平洋側を通過する見込み。

その後、日中は、東北の日本海側を中心に風が強まり、沿岸部では暴風となるおそれがある。

18日午後6時までの24時間に予想される雨の量は、多いところで、北海道と東海で120mm、東北と関東甲信で100mm。

予想される最大瞬間風速は、東北と北陸で35メートルなどとなっていて、大雨による道路の冠水や川の増水、暴風、高波に警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン4月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース