カストロ兄弟の統治終わる キューバ革命以降60年以上

国際


キューバで16日、5年ぶりとなる共産党大会が開催され、ラウル・カストロ第1書記(89)が退任を表明した。

1959年のキューバ革命以降、60年以上にわたるカストロ兄弟による統治が終わることになる。

後任は、ディアスカネル大統領になるとみられている。

(FNNプライムオンライン4月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース