遊び心から生まれ大ヒット クッション型トランポリンから「耳かき用たわし」まで アイデアグッズ開発秘話

暮らし 話題・トレンド 旅と暮らし

開発のきっかけは“廃棄品での遊び”…コンパクトで音も静かなクッション型トランポリン

新型コロナの影響で外出自粛が続く中、ネット通販で「おうち時間を楽しく過ごせる」アイテムが売れている。クッション型のトランポリンや、たわし素材の耳かき、使うだけで糖質がカットできる調理器具まで、「家の中で楽しめる」アイデアグッズが数多くあった。


ユニークなアイデアグッズを生み出すのは、名古屋市中村区にある「アメイズプラス」。
13年前から、ヘルスケア商品やキッチン用品などの開発・販売を手掛けている。


コロナ禍で特にヒットしているのは、家の中で簡単に運動が出来る商品。
その1つが、クッション型のトランポリン「シェイプキューブ」(1万8480円 )。


2020年に発売されると、すぐに人気商品に。普段はクッションとして使いつつ、エクササイズにも利用できる。


コンパクトで音も静かなため、マンションなどの集合住宅でも、気をつかわなくていいのも人気の理由だ。


クッションとしてリビングに置けるので、いちいち出し入れする必要もない。おうち時間にちょっと運動したいというニーズにマッチし、5か月間で予約販売も含め、2万8000個が出た。


このクッションとトランポリンを合わせるという発想は、大掃除中に捨てるつもりだったマットレスの上で、遊び半分に跳ねたことが誕生のきっかけだったという。

耳の中を傷つけないよう独自改良…フワフワ気持ちいいタワシ素材の「耳かき」


続いては、タワシ素材で出来ている「耳かき用たわし」(2035円)。
この少し痛そうな耳かきは、和歌山県のタワシメーカーとの共同開発だ。


耳の中を傷つけないように、タワシを独自に改良。柔らかい素材に変え、「絶妙の使い心地」を目指した。使ってみてもソフトタッチでフワフワ気持ちいい感覚で、痛いと感じることはない。

この耳かきが生まれたきっかけは、もともとスマホのストラップ用に作られた極小のタワシを、こちらも遊び半分で耳に入れてみたところ、意外に気持ちがよかったことから。それがまさかの商品化で5万個の大ヒットとなった。


人気となった理由について担当者は、テレワークでイヤホンを使う機会が増え、耳の中のコリを癒したいというニーズがあったのではないかと話す。


しかし、中には開発中止になる商品も…。それがテコの原理で、少ない力で肩などをマッサージできる「パワーグローブ」。


握力が弱い女性向けに試作されたが、「手でやった方が気持ちよい」と販売まで至らなかった。アイデアは年間1400点にも上るが、商品化されるのはそのうち70点ほどとのこと。

ご飯は食べたいけど糖質は減らしたい…開発担当者のダイエット目的で生まれた商品


2020年に発売され、3万個売れたキッチン用品がある。見た目が丸く、水切りボウルの様な器具を炊飯器の中に入れ、お米を炊く。炊きあがって蓋を開けると、ボウルには白い水が溜まっていた。


お米の糖質がカットできる調理器具「トウトール」(2178円)だ。
炊飯器にいつも通りの分量の米と水を入れた後、さらに水80ミリリットルを追加して、沈めるようにセット。炊きあがると「トウトール」に白く濁った液体が溜まる。


炊飯する時、水に米の糖質が流れ出て、釜の中を循環。通常は、炊きあがると糖質は米に戻るが、トウトールを使うと、くぼみに循環していた糖質が残りその分をカットできる。日本食品分析センターの調査によると、糖質を約15%カットできることが実証されたという。


誕生のきっかけは、担当者自身のダイエット目的だったそうだ。


ユニークなアイデアグッズを販売する会社を覗いてみると、コロナ禍で「家の中で楽しめる」アイデアグッズが数多くあった。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン4月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース