全国で新たに4803人感染 2度目の緊急事態宣言解除後最多 新型コロナ


新型コロナウイルスの感染者は17日、全国で4,803人確認され、2度目の緊急事態宣言解除後、最多となった。

大阪府では、新たに1,161人の感染が確認され、5日連続で1,000人を上回った。

大阪府の重症者の数は、確保されている重症病床を上回っている。

また、東京都で759人、神奈川県で247人、埼玉県で207人、千葉県で156人と、1都3県全てで新規感染者数が2回目の緊急事態宣言解除後、最多となった。

東京都では、20代と30代が新規感染者全体の5割を超えている。

兵庫県では、541人の感染を確認。2日連続で過去最多となった。

このうち48人は、県内の警察学校の関係者で、これまでにあわせて61人の感染が明らかになっている。

そのほか、沖縄県でも過去最多の167人、愛知県で230人、福岡県で137人など、全国で4,803人の感染と41人の死亡が確認された。

(FNNプライムオンライン4月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース