菅首相 ファイザー社CEOと電話会談 ワクチンの追加供給を要請

国際


菅首相は日本時間17日夜、訪問先のアメリカ・ワシントンで、ファイザー社のブーラCEO(最高経営責任者)と電話会談し、新型コロナウイルスワクチンの日本への追加供給を要請した。

菅首相は、ブーラCEOに対し、ファイザー社製のワクチンを引き続き、日本に安定的に供給するよう求めるとともに、日本の全ての対象者に対するワクチンを9月までに確実に供給するよう、さらなる追加供給を要請した。

これに対し、ブーラCEOは、追加供給などに向けた協議を迅速に進め、新型コロナウイルスの克服に向けて日本政府と連携したいと述べた。

このあと菅首相は、日米首脳会談などアメリカでの全ての日程を終え、政府専用機で帰国の途に就いた。

(FNNプライムオンライン4月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース