離職看護師を接種会場に派遣 新型コロナワクチン


新型コロナウイルスのワクチン接種体制を強化するため、河野担当相は、仕事から離れている看護師を、接種会場に派遣する方針を表明した。

河野規制改革担当相「看護師さん、資格は持っているが実際に働いていない方を、一生懸命いま掘り起こすということやっている。そういう方(離職中の看護師)を接種会場に派遣することも認めていく方針」

河野大臣は、18日のフジテレビの「日曜報道 THE PRIME」で、離職中の看護師をワクチン注射の打ち手として、また、薬剤師を医師などのサポート役として、接種会場に派遣し、活躍してもらう考えを示した。

河野大臣は、大型連休明けにワクチンが1,000万回分ずつ入ってくるなど、ワクチン供給が安定したあとは、自治体の接種体制の強化を支援していきたいと強調した。

(FNNプライムオンライン4月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース