日本人ジャーナリストを拘束し連行 ミャンマー

国際


軍による市民への弾圧が続くミャンマーで18日夜、日本人ジャーナリストが、自宅で当局に拘束されて連行されたことがわかった。

拘束されたのは、最大都市・ヤンゴン在住のフリージャーナリスト・北角裕樹さん。

北角さんの事務所スタッフによると、現地時間の18日午後8時前、ミャンマー国軍の兵士が北角さんの自宅を訪れて、北角さんを拘束し連れ去ったという。

北角さんのその後の行方はわかっていない。

在ミャンマー日本大使館は事態を把握していて、複数のルートで確認を急いでいる。

北角さんは、抗議デモの取材をしていた2月にも当局に拘束されている。

(FNNプライムオンライン4月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース