全対象者分のワクチン 9月までに供給へ 菅首相「めどが立った」


菅首相は、記者団に対し、9月までに国内のすべての対象者に、新型コロナウイルスワクチンが供給される「めどが立った」と表明した。

菅首相「(全国の接種対象者分のワクチンが)9月までに供給をされる。そうしたことが、めどが立ったと考えている」

菅首相は17日、ファイザー社のブーラCEO(最高経営責任者)と電話会談したが、これについて、「9月までに、わが国の対象者に、確実にワクチンを供給できるよう追加供給を要請した」と述べた。

そして、ブーラCEOから「協議を迅速に進めたい」との回答があったと強調した。

(FNNプライムオンライン4月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース