上海モーターショー 日系各社がアピール 「脱炭素」が加速

経済・ビジネス 国際


中国で「上海モーターショー」が開幕し、「脱炭素」の流れの中、日本のトヨタなど各社が、新型のEV(電気自動車)を発表して注目されている。

トヨタ自動車は、スバルと共同で、電気自動車専用に開発したコンセプトカーを発表した。

2022年中ごろの発売を目指して、日本のほか、中国でも生産する計画。

またホンダも、中国で開発・製造する新型の電気自動車を披露する予定。

世界的な「脱炭素」の流れの中、中国でも2035年までに、新車販売の50%以上を電気自動車などの「新エネルギー車」とする方針が示されている。

新型コロナウイルス感染拡大の影響をいち早く脱した、世界最大の自動車市場・中国。

アメリカとの対立もにらみながら、競争が、さらに激しさを増している。

(FNNプライムオンライン4月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース