「大阪 今まで以上に強い対策を」 西村経済再生相“病床非常に厳しい”


西村経済再生担当相は、大阪では、今まで以上の強い対策が必要だとの考えを示した。

西村経済再生相「(大阪の感染者数が)1,100、1,200人の水準で、高止まっているので、病床は非常に厳しくなってきている。今まで以上に強い措置が必要だと。これを下げていかないと病床が、ますます厳しくなる」

西村経済再生相は、大阪では、感染者数の伸びは鈍化しているが、病床は非常に厳しくなっているとして、大阪府の吉村知事と、今まで以上の強い対策が必要だとの認識を共有したと話した。

そのうえで、緊急事態宣言であれば、休業要請が可能になり、まん延防止措置のままでも、百貨店などに幅広く時短要請ができるとして、どのような対策の強化が必要か、専門家の意見を聞いて判断したいとの考えを示した。

(FNNプライムオンライン4月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース