【速報】二階幹事長“五輪中止”で説明 「誰もが無理だと言う状況のこと」


感染拡大なら、「東京オリンピック・パラリンピックの開催中止も選択肢」との考えを示したことについて、自民党の二階幹事長は19日午後、次のように説明した。

二階幹事長は、「とてもこれでは無理だと、誰もがそう判断することになった状況になったときのことを言っているわけです」と述べ、誰もが無理だという状況がくれば、「スパッと止めるのは当然」と述べた。

一方で、「選手の皆さんは、多年にわたって準備してきた。東京大会が大成功に終わることを心から期待している」と強調した。

(FNNプライムオンライン4月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース