コロナ検出5分 理化学研究所×東京大学 最新技術


世界最速、5分以内でコロナを検出。

理化学研究所と東京大学などの研究チームは、世界最先端のマイクロチップ技術と、特殊な酵素技術を融合させることで、新型コロナウイルスを高い精度で、迅速に検出できる技術を開発したという。

この技術では、ウイルスを増幅せずに酵素反応を見ることが可能で、世界最速、5分以内に検出できるという。

研究チームは、2~3年以内の実用化を目指している。

(FNNプライムオンライン4月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース