「まん延防止」地域に優先接種を 二階幹事長「検討すべき」


自民党の二階幹事長は、新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の対象地域で、優先的にワクチン接種を行う措置を検討すべきだとの見方を示した。

19日の記者会見で、自民党・二階幹事長は、「今後まん延する可能性の高いところから対応していくことが、常識的な判断だ」と述べ、まん延防止等重点措置の対象地域に対し、優先的にワクチン接種を行う措置を検討すべきだとの考えを示した。

そのうえで二階幹事長は、「医療関係者の判断にゆだねることが大事だ」とも述べた。

(FNNプライムオンライン4月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース