ワクチン 歯科医も接種検討 人出不足 解消に


新型コロナウイルスワクチンの接種に歯科医師を活用する案について、厚生労働省が、容認する方向で検討していることがわかった。

田村厚労相「地域によっては、(医師が)不足しているというような声もある。歯科医師がこれ(接種)ができないか検討を早急にし、結論を得たいと思う」

ワクチン接種をめぐっては、地域によって医師の人員不足が指摘されていて、歯科医師を活用する案が浮上している。

これまでは、医師と、医師の指示のもとで看護師なども接種ができることになっているが、厚労省は、一定の研修を受けることなどを前提に、歯科医師による接種を容認する方向で検討を進めている。

(FNNプライムオンライン4月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース