大阪府に看護師70人派遣へ 重症患者病床ひっ迫で


政府が、大阪府におよそ70人の看護師を派遣する方針を明らかにした。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く大阪府で、重症患者向けの病床が逼迫(ひっぱく)していることを受け、厚生労働省は、所管する労災病院や国立病院などに対して、ICU(集中治療室)での対応ができる看護師の派遣を呼びかけているという。

厚労省も含めた政府全体では、これまでにおよそ70人の看護師を確保していて、看護師が不足して病床をフル稼働できていない「大阪コロナ重症センター」に順次、派遣されることになっている。

(FNNプライムオンライン4月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース