デジタル生活で“視力悪化”増加 対策は「姿勢・離す・見続けない」


本格的にデジタル端末を活用した授業が始まっているが、気になるのは、子どもたちへの視力への影響。

公立小中学校で、1人1台のパソコンやタブレット端末が配備されるGIGAスクール構想で、ますます子どもたちがデジタル端末に触れる時間が増えていく中、懸念されるのは、子どもたちの視力。

19日、文科省と専門家らが行った子どもの目の健康についての話し合いでは、姿勢をよくし、端末から目を30cm以上離す、30分に1回20秒以上遠くを見る、寝る1時間前には画面を見るのをやめるなどが、視力低下の対策として挙げられた。

自身の子どもも、オンライン授業導入後から視力が悪化したという佐々木恭子キャスター。

学校医なども務める、日本眼科医会の加藤圭一医師に聞いた。

佐々木キャスター「子どもたちの視力は、将来的にどんな懸念がある?」

日本眼科医会 常任理事・加藤医師「近視が進んで度数が増えていくと、網膜剥離・緑内障などの疾患の確率が高まる」

佐々木キャスター「デジタルのものとの付き合い方を子どもたちに教えるのは難しいと思うが、どのような工夫をされていますか?」

日本眼科医会 常任理事・加藤医師「簡単なのは、時間よりも距離の制限のほうが、割と子どもは言うことを聞いてくれるんじゃないかなと思います」

「ゲームはだめ」などと縛るのではなく、「距離を離す」など、現実的に守りやすいルール作りから取り組むことが望ましいという。

(FNNプライムオンライン4月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース