厚労省感染「クラスター認定」 新たに10人 計27人感染


厚生労働省の老健局で、また新型コロナウイルスの感染者が出た。

これで、あわせて27人が感染し、クラスターが発生したと認定された。

厚労省によると、老健局の職員から新たに10人が新型コロナに感染していることがわかった。

老健局では、これまでに異動した職員も含めて27人が感染し、国立感染症研究所は、クラスターが発生したとの見解を示した。

3月中旬以降には、局内にウイルスが持ち込まれた可能性があり、職場の共用部分などを介して、感染拡大したのではないかとみられている。

老健局では3月下旬、23人の職員が深夜会食に参加し、そのうち12人が感染している。

(FNNプライムオンライン4月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース