なぜ...用水路に2羽の白鳥 コロナ禍の“癒やし”も負った傷


狭い用水路に住み着いていた2羽の白鳥の写真。
こんな狭い用水路に今もいるのだろうか?

そこで、取材班は白鳥を知る住民のもとへ。

目撃情報を頼りに、菜の花をかき分け、白鳥を探してみると、2羽の白鳥が泳いでいた。

用水路ではなく、川で悠々と泳ぐ2羽の白鳥。
しかし、右脚をよく見ると、けがをしているのか、あまり動いていないように見える。

白鳥を見守る男性「脚が悪いから飛ばないのかなと思って。一時は飛んでいたんです、2羽が」

2羽の白鳥に一体何が起きていたのだろうか?

千葉・四街道市に飛来してきた2羽の白鳥が、用水路にいるのが見つかったのは、2020年12月ごろのこと。

羽を伸ばすことができない狭い用水路を脱出した先に待っていた新たな“すみか”で、白鳥にある悲劇が起きたという。

広々とした田んぼで暮らし始めた白鳥。

しかし、心無い人によって蹴られ、羽や脚に傷を負ってしまう。

さらに、山から来たハクビシンに襲われる可能性もあったことから、その場所を離れることになった。

市は2羽の白鳥を守るため、4月14日に2羽を近くの川へと引っ越しさせた。

負った傷を癒やすように、静かに泳ぐ2羽の白鳥。

四街道市の担当者「白鳥がけがをしている様子で、田に動けずにいたため、移動させることにしました」

こちらの男性は、白鳥が用水路にいるころから見守り続けてきた。

コロナ禍にあって、今や2羽の白鳥は地元住民の“癒やしの存在”となっている。

白鳥を見守る男性「癒やされますから。ずっと2羽が元気でここにいていただくように祈ってます」

癒やしの白鳥に、こちらの女性は...。

女性「名前をつけようって言って、(四街道市の)『よっちゃん』『みっちゃん』にしたんです。すっごくいい写真があるんですよ、見せましょうか」

寄り添う白鳥がハートマークを作る、“奇跡の一枚”の撮影に成功した。

市は鳥インフルエンザが相次ぐ中、あくまでも野生の白鳥であるため、むやみに近づかないでほしいと呼びかけている。

(FNNプライムオンライン4月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース