【速報】元慰安婦らの賠償請求認めず ソウル中央地裁

国際


韓国人元慰安婦が日本政府に損害賠償を求めた裁判で、韓国の裁判所は21日、元慰安婦の訴えを却下した。

日本政府に賠償を命じた1月の判決とは真逆となるこの判決について、ソウルから中継でお伝えする。

1月の判決を受けて、日本政府は、国際法違反だとして、韓国政府に対応を求めているが、21日の判決で、韓国政府の動きが変化する可能性がある。

この裁判は、元慰安婦ら20人が日本政府に損害賠償を求めたもので、日本政府は、主権国家は外国の裁判で被告にはならないという国際慣習法「主権免除」を理由に、訴えは却下されるべきとの立場だった。

21日の判決で、ソウル中央地裁は「どの案件を主権免除の例外にするかは行政府が決めるべきで、裁判所が決めるのは不適切。2015年の日韓合意で政府による元慰安婦への救済措置も行われた」などとして、日本政府の主権免除を認定し、元慰安婦の訴えを却下した。

原告・元慰安婦 李容洙(イ・ヨンス)さん「この裁判結果がどうなろうとも、わたしは国際司法裁判所に行く」

21日の判決で韓国政府が1月の判決に縛られず対応策を出す余地が生まれたため、事態が動く可能性が出てきた。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース