【速報】加藤官房長官「内容精査の必要」 元慰安婦訴訟で判決


韓国人元慰安婦が日本政府に損害賠償を求めた裁判で、韓国の裁判所は21日、元慰安婦の訴えを却下した。

今回の判決について、加藤官房長官は21日午前、内容を精査する必要があるとしてコメントを控えた。

加藤官房長官「1月8日の同裁判所による判決とは異なる判決ではあるが、内容について精査する必要があり、現時点で政府としてのコメントは差し控えたい」

そのうえで、加藤長官は「そもそも1月の判決は断じて受け入れることはできない」と指摘し、「引き続き、韓国が国際法違反の状態を是正するため適切な措置を講じるよう求める」との立場を示した。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース