兵庫 21日午後に「宣言」要請決定へ 県民から賛否


兵庫県は、緊急事態宣言を国に要請することを、21日午後、正式に決定する見通し。

兵庫県の井戸知事は、「まん延防止等重点措置の効果の実績が出ていない」として、21日午後の対策本部会議で、緊急事態宣言を出すよう、国に要請することを正式に決める見通し。

3度目の緊急事態宣言に向け、兵庫県民からは賛否の声が聞かれた。

街の人は「(宣言が)あった方がいい。1回この時期に引き締めないと」、「もっと早くやった方がよかったと思う。感染者がこれだけ増える前に、(宣言を)出した方がよかった」、「何度も何度も同じことをやっていると効果もないと思うので、政策なり、具体的なことを実行をしてもらいたい」などと話した。

兵庫県内では感染者が少ない地域もあり、エリアを区切って対策を変えるのか、対応を検討する方針。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース