持ち運びできます!「都会のオアシス」

国際


植物の入った透明の容器を頭にかぶりながら、街を歩く男性。

ローズマリーやラベンダーなどのハーブがたっぷり入ったこの容器は、ベルギーのアーティストが考案した「持ち歩けるオアシス」。

「騒音や大気汚染から逃れたい」と15年ほど前に思いついたアイデアだが、新型コロナウイルスが流行する今は、外部との接触を抑えるためにもピッタリだと思ったそう。

街行く人からは「環境に優しいし自分を守れる」、「マスクに代わるものだ」といった声が聞かれた。

作品を通じて男性は、「一見、社会と『遮断』しているように見えるけれど、みんなが話しかけてきて、実は人とのつながりにもなっている」と気づいたそう。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース