ファイザー製5000万回分追加 全対象者分 確保へ


新型コロナウイルスのワクチンについて、菅首相とファイザー社が電話会談で合意した追加の供給量が、5,000万回分であることがわかった。

ワクチン担当・河野規制改革相「すでに、ファイザー側と今後の追加供給分の日程交渉は始まっている」

複数の政府関係者によると、政府はファイザーから9月末までに新たに5,000万回、1人2回接種で、2,500万人分の追加供給を受ける見通しとなった。

これによって、ファイザーからは、16歳以上の9割に接種できる量の供給を受けることになる。

河野規制改革相は、9月末までに他社のワクチンとあわせ、全対象者分の供給を確保できたという認識を示した。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース