五輪陸上テスト大会「無観客」に 最終予選「国外」変更も


5月に予定されている東京オリンピック陸上のテスト大会について、大会組織委員会が「無観客」での開催に変更する方向で調整していることがわかった。

陸上のテスト大会は5月、国立競技場で、およそ2万人の観客を入れてコロナ対策などを試す予定だった。

しかし、新型コロナウイルスの感染状況が悪化しているため、大会関係者は「観客を入れることは極めて困難な状況だ」としていて、無観客で実施する方針に変更する方向で調整しているという。

また、アーティスティックスイミングについて、国際水泳連盟は、東京で6月に予定されていた最終予選を、日本「国外」で行うと発表した。

大会組織委員会は、「真摯(しんし)に努力を続けてきたが、東京での開催は難しいという判断に至った」とコメントした。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース