【速報】尾身会長「宣言出すべき時期」 “最低でも3週間は必要”


政府の分科会の尾身会長は、緊急事態宣言を出すべき時期に来ているとの考えを示した。

尾身茂会長は「緊急事態宣言はもう出す時期に来て、検討すべき時期に来ていると私は思います」と述べたうえで、宣言の期間として、10日間は短すぎるとし、最低でも3週間は必要との考えを示した。

また、人が集まる施設が開いていれば、接触の機会が増えるとして、2020年の宣言よりも強い対策を集中的に打つ必要があると話した。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース