スーパー売り上げ “巣ごもり”でプラス


2020年度のスーパーの売り上げが5年ぶりにプラスとなった。

日本チェーンストア協会・井上淳専務理事「日本中がコロナに翻弄(ほんろう)されていた1年。食料品をはじめとして、在宅生活を支えるための商品の売り上げが大きく押し上げられた」

日本チェーンストア協会が発表した、2020年度の全国スーパー売上高は12兆8,969億円で、前の年度に比べて0.7%増加し、5年ぶりのプラスとなった。

新型コロナウイルスの影響で外出を控える動きが広がり、巣ごもり需要が高まったことなどが要因としている。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース