人物の特定が容易に ネット上の誹謗中傷


ネット上で誹謗中傷を行った人物の特定をしやすくする改正プロバイダー責任制限法が、21日の参議院本会議で可決・成立した。

これまでの法律では、ネット中傷などの被害者が投稿者を特定する際、SNS事業者とプロバイダーなどの双方に開示を求める必要があり、通常、2回の裁判手続きが必要だった。

しかし改正法では、被害者の救済を図る立場から、手続きを1回で行えるようにし、投稿者の特定をしやすくする。

政府は、番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー木村花さんが亡くなるなど、ネット中傷が大きな問題となる中、こうした対策強化を進めている。

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース