聖火リレー 公道での中止相次ぐ 愛媛・松山市と京都市


東京オリンピックの聖火リレーの公道での実施をめぐり、苦渋の選択が相次いでいる。

愛媛県では、21日に聖火リレーが始まったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、松山市内の公道での聖火リレーは中止され、点火式セレモニーが行われた。

愛媛県・中村知事「走ることを楽しみにしていた皆さんに、その機会を与えることができず、すみません」

愛媛県の中村知事は、涙を流してあいさつし、「日本全国がコロナ禍を乗り越えて、オリンピックとパラリンピックの舞台が用意できることを祈っている」と述べた。

一方、5月25日と26日に聖火リレーが予定されている京都府では、感染拡大を受け、京都市の門川市長が、京都市内の公道での聖火リレーの中止を求める方向で検討していることを明らかにした。

(関西テレビ)
(テレビ愛媛)

(FNNプライムオンライン4月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース