海外婚 別姓の戸籍記載は認めず 婚姻関係は認める


アメリカで別姓のまま結婚した夫婦が、日本でも婚姻関係にあることの確認などを国に求めた裁判で、東京地裁は、夫婦の請求を退ける判決を言い渡した。

映画監督の想田和弘さんと映画プロデューサーの柏木規与子さんは、1997年にアメリカで別姓のまま結婚したが、日本人同士が結婚する場合、日本の民法では、夫婦別姓は認められていない。

このため、夫婦は、別姓のまま日本の戸籍に婚姻関係を記載するよう求めて、裁判を起こしていた。

21日の判決で東京地裁は、民法上、婚姻関係が成立していることは認めたものの、原告の夫婦は、戸籍に記載できる地位にはなく、夫婦別姓を認めていない戸籍法は、憲法違反ではないとして、請求を退けた。

(FNNプライムオンライン4月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース