3回目の「緊急事態宣言」で生活どうなる?


3回目の緊急事態宣言が発令されると、どのような制限が設けられるのか。

東京都は、飲食店への休業要請には当初、慎重だったが、国との協議を重ねた結果、営業時間の短縮ではなく、休業要請を検討しているという。

大阪府は、さらに酒類の自粛も検討している。

続いて、ショッピング。
東京・大阪ともに、百貨店やショッピングモールなど、大型商業施設への休業要請も検討している。

そしてレジャーだが、東京都は、カラオケ店や遊興施設の休業要請を検討していて、全般的に、前回・2回目の緊急事態宣言よりも厳しい対策を打ち出すよう調整を進めている。

(FNNプライムオンライン4月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース