「東京大会開催に影響ない」 “緊急事態”でIOC会長

国際


IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は、東京都などに発令される見通しの緊急事態宣言について、東京大会の開催には影響しないとの見方を示した。

IOC・バッハ会長「(今回の緊急事態宣言は)ゴールデンウィーク中の感染拡大を予防するものだ」

バッハ会長は21日、IOCの理事会後にオンライン形式で行われた記者会見で、緊急事態宣言は、ゴールデンウィークに向けた感染拡大防止のための措置であり、「東京大会開催とは関係ないと理解している」と述べた。

また、バッハ会長は、「アメリカなど、選手村に入る多くの参加者がワクチン接種を受けるだろう」との見通しを示し、ウイルス検査などと合わせ、感染防止対策に自信を示した。

(FNNプライムオンライン4月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース