東京都 酒類提供の店に休業要請 提供しない店に時短要請を検討


東京都は緊急事態宣言発令に向け、対策の最終調整を行っているが、酒類を提供する飲食店に休業要請し、提供しない飲食店には時短要請を検討していることがわかった。

東京都・小池知事「路上や公園での飲み会もやめてください」

東京都の新型コロナウイルスモニタリング会議が22日午後開かれ、小池知事は、人と人の接触を減らすよう、あらためて呼びかけた。

関係者によると、緊急事態宣言発令にともなう対策として、酒類を提供する飲食店に休業要請する一方、提供しない飲食店に時短要請を検討しているという。

さらに、カラオケ店、遊興施設、百貨店などの大型商業施設への休業要請も検討していて、期間は早ければ4月25日からで、5月11日から16日までを軸に調整が進められている。

(FNNプライムオンライン4月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース