超党派議連 靖国神社を参拝 神社関係者の感染確認


超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」会長の、自民党の尾辻元参議院副議長らが22日、春の例大祭にあわせ、東京の靖国神社を参拝した。

「国会議員の会」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2020年に続いて一斉参拝を見送り、尾辻会長ら2人が会を代表して参拝した。

21日、靖国神社の関係者1人に感染が確認されたことから、本殿には昇殿せず、一般の参拝客に交じり拝殿の前で参拝した。

尾辻会長「いつもの通りの(昇殿しての)お参りをさせていただこうと思ったが、神官の方が感染されたということで、社頭からのお参りにした」

尾辻会長は、「早くコロナが収まるようにとだけお願いした」と述べた。

(FNNプライムオンライン4月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース