五輪ボランティア リーダー研修 「オンライン」約6000人対象


東京オリンピック・パラリンピックまであと92日となる中、大会を支えるボランティアのリーダー向けの研修が開始した。

22日、大会組織委員会が開催したオンライン研修は、8万人いる大会ボランティアのメンバーをサポートするリーダー的な役割を担う、およそ6,000人が対象。

22日の研修では、リーダーとしての心構えや役割の内容、活動上のルール説明などがされた。

今後も、役割ごとの研修などが行われる予定で、5月には、ユニホームやパスなどが配布され、本番に向けた準備が進められる。

(FNNプライムオンライン4月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース