ワクチン1800万回分の配分 自治体から予想超える要望


大型連休明けに配布される、1,800万回分のワクチンの地域別の配分が公表された。

河野大臣は、大型連休明けの5月10日からの2週間に配布する予定の1,800万回分のワクチンについて、全国の自治体から2,300万回分を超える要望があったことを明らかにした。

河野大臣は、傾斜配分せざるをえないことを陳謝する一方、自治体による前向きな意欲の表れだと評価した。

1,800万回分のワクチンは、高齢者のおよそ半数に1回目の接種ができる量にあたり、河野大臣はスピード接種に期待を示した。

(FNNプライムオンライン4月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース