53人乗り潜水艦 消息絶つ 「インドネシア海軍」バリ島沖で

国際


53人を乗せたインドネシア海軍の潜水艦がバリ島沖で消息を絶ち、捜索が続けられている。

消息を絶ったのは、建造から44年がたつインドネシア海軍の潜水艦で、乗組員53人を乗せている。

潜水艦は21日、バリ島の北の海域で、魚雷の訓練準備中に消息を絶ち、その後、油膜が見つかった付近では、艦艇6隻などによる捜索が今も続いている。

地元メディアは、潜水艦が、水深およそ700メートルの海底まで沈んだ可能性があるとの見方を伝えていて、近隣のシンガポールやマレーシアも、潜水艦などを派遣し、オーストラリアやアメリカ、ドイツなどが支援を申し出ているという。

(FNNプライムオンライン4月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース